精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

がん

便宜上一部重複して表示しています。

 

肺がん

EGFR

EGFR exon 19 deletion エクソン19欠失:サブタイプとキナーゼ活性化メカニズム

EGFR活性化に伴う構造変化 〜 L858RとT790Mについて

EGFR希少変異群:エクソン19欠失、L858R以外の変異

EGFR exon 20 insertion エクソン20挿入 治療薬開発:amivantamab、オシメルチニブ、ポジオチニブ、TAK-788

EGFRチロシンキナーゼ阻害剤の術後補助療法への応用:オシメルチニブで無病生存期間が顕著に延長する

 

他の標的遺伝子

ROS1融合遺伝子陽性肺癌とその治療薬:クリゾチニブ、ロルラチニブ、エヌトレクチニブ

BRAF阻害剤:ベムラフェニブ、ダブラフェニブ、エンコラフェニブ

MET阻害剤:テポチニブ、カプマチニブ

RET阻害剤:セルペルカチニブ、プラルセチニブ

HER2変異陽性肺癌 治療薬開発:抗体薬物複合体(antibody-drug conjugate, ADC)と受容体チロシンキナーゼ阻害剤

KRAS阻害剤:AMG510(sotorasib)

 

EGFRリキッド

EGFRリキッド 〜 国産初のリキッドバイオプシー・システム

EGFRリキッドの臨床性能

リキッドバイオプシーによる肺癌病態モニタリング:EGFR リキッドによる EGFR-TKI 治療患者の ctDNA 動態解析

リキッドバイオプシーによるT790M測定のタイミング:EGFR リキッドによる EGFR-TKI 治療患者の ctDNA 動態解析(続き)

 

遺伝子検査パネル

肺癌遺伝子検査に関する基本的な見解

米国における肺癌遺伝子検査の現状

第61回日本肺癌学会学術集会関連情報 〜 肺がんコンパクトパネル、GM管

研究開発の現状:EGFRリキッド、肺がんコンパクトパネル

 

乳がん

乳癌の精密医療:薬物療法のアルゴリズム

乳癌内分泌療法:抗エストロゲン薬、LH-RHアゴニスト、アロマターゼ阻害剤

HER2 変異陽性乳癌治療薬:トラスズマブ、ラパチニブ、T-DM1

CDK4/6 阻害剤:パルボシクリブ、アベマシクリブ

PI3K/AKT/mTORC1情報伝達系阻害剤(乳癌):エベロリムス vs alpelisib

PARP阻害剤 : オラパリブ等 〜 DNA損傷修復機構を阻害する分子標的薬

マンマプリント MammaPrint:化学療法を回避可能かどうか診断する

マンマプリント MammaPrint 〜 超低リスク群 Ultralow risk group

 

消化器がん・前立腺がん・卵巣がん

血管新生阻害薬:抗VEGF抗体ベバシズマブ(アバスチン)等

PARP阻害剤 : オラパリブ等 〜 DNA損傷修復機構を阻害する分子標的薬

葉酸受容体FRαに対する分子標的薬:葉酸薬物複合体と抗体薬物複合体

 

一般向け解説

研究の概要

精密医療 〜 遺伝子情報による治療法の選択

がん薬物療法における精密医療の役割

リキッドバイオプシー 〜 がん患者にやさしい新しい検査法

 

その他

リキッドバイオプシーによる早期診断の可能性: PSAスクリーニングとの感度比較

リキッドバイオプシーの最新動向:グレイル、ガーダント・ヘルス、ファウンデーション・メディシン

DNAミスマッチ修復と腫瘍変異負荷:免疫チェックポイント阻害剤の効果予測因子

ピロリ菌除菌の効果

コーヒーのがん抑制効果

新型コロナウイルス禍によりがんの発見と手術が遅れるため、がんによる死亡が増加する