精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

がん 診断法

メルク主催 テプミトコ®&マルチCDx Webセミナー 〜 短い院内TAT(turn around time)がもたらすベネフィット

コンパニオン診断のTATについて考える - 短い院内TATがもたらすベネフィット; 森川 慶 細胞診検体によるマルチCDxの実践 ~肺がんコンパクトパネル®におけるTAT短縮のベネフィット; 國政 啓 いかに迅速に遺伝子パネル検査の結果を患者さんへ届けるか

第119回肺癌学会関西支部会:堺市立総合医療センター病理診断科のコンパクトパネル使用実績など

2204年3月2日に第119回肺癌学会関西支部会が神戸商工会議所で開催された。

肺がんコンパクトパネル7遺伝子版保険収載と出検数予測

肺がんコンパクトパネルが2月28日に保険適用になり、検査サービスが開始されることになった。2024年度の出検数はおよそ10,000件と予測している。

肺がんコンパクトパネル論文集

細胞診検体を用いた肺がんコンパクトパネルの単施設比較研究が4報になった。聖マリアンナ医科大学(163症例)、姫路聖マリア病院(10症例)、東大阪医療センター(56症例)、大阪国際がんセンター(96症例)。

肺がんコンパクトパネル3遺伝子追加承認

肺がんコンパクトパネルの残っていた3遺伝子(BRAF, KRAS, RET)が追加承認された。重要なポイントは、現行の検査レポートにこの3遺伝子の検査結果も記載されており、この検査結果を直ちに診療に使うことができる。

どの企業がグレイルを買収するだろうか?

イルミナ社は2021年にスピンオフベンチャーのグレイルを買収したが、最近売却を決定した。

cPANEL試験:細胞診検体を用いた肺がんコンパクトパネルの前向き評価

第64回日本肺癌学会学術集会。肺がんコンパクトパネルの多施設前向き性能試験(cPANEL試験)の発表。細胞診検体でFFPE検体を用いた既存品を上回る成功率と変異検出率を達成した。

GM管

GM管は核酸保存液を封入した生検組織採取用容器(ジーンメトリックス会社案内)で、現在のところ肺がんコンパクトパネルとのみセットで使用可能である。主成分は高濃度硫酸アンモニウム水溶液で、RNA及びDNA分解酵素の働きを阻害する。

肺がんコンパクトパネル 〜 高感度のからくり

次世代シークエンサーの変異検出の感度は自由に調整できる。感度は同じ断片を読むシークエンスのリード数に依存しており、リード数を増やすだけで感度が上がる。一方、PCRによる検出法では感度調整をする決まった方法はない。

米国遺伝子特許無効化から10年

10年前の6月に米国最高裁が有名なミリアッド裁判の判決を下し、その結果遺伝子特許は事実上無効となった。この特許無効化がなければ、現在の遺伝子検査の興隆はなかった。

EGFRのタンパク質構造の特徴:主要変異の活性化メカニズム

EGFRのタンパク質構造の特徴をまとめた。

タンパク質構造にもとづくEGFR変異の新しい分類

EGFR変異は、細胞株の実験と構造モデル解析により、古典的変異、PACC変異、Ex20ins-L変異、T790M様変異の4つのサブグループに分けられる。各サブグループは、第一世代から第三世代までのEGFR-TKIやEx20ins活性化型のTKIに対する感受性や選択性が異なる。

肺がん遺伝子検査の現状打開について:Bing AIは肺がんコンパクトパネルを推薦、Bardはリキッドバイオプシー等の新しい技術を提案

Bing AIとBardでは明確に性能が異なる。Bing AIは専門家的で、会話スタイルの選択で見解の保守性、先進性が異なってくる。Bardは一般人の考え方をする。

肺がんコンパクトパネル検体受付開始

すでに大手検査会社3社経由で肺がんコンパクトパネルの検体受付が始まっている。

ゲノム医療への疑問

がんゲノム医療におけるエキスパートパネルは品質管理が困難という点で、システム上の弱点になっている。しかし、そもそもゲノム医療の患者治療上のメリットが不確かなので、そのあたりのエビデンス収集がまず第一だろう。

ArcherMET製造終了

肺癌のコンパニオン診断薬の一つであるArcherMETが製造販売会社Ivitae, Inc.の経営方針の変更のため、製造終了することになり、肺癌を取り巻く医療界に激震が走った。

肺がんコンパクトパネル保険収載

肺がんコンパクトパネルが2023年2月13日に保険適用になり、検査サービスが開始されることになった。

肺がんコンパクトパネル製造販売承認及びプレプリント改訂版アップロード

2022年11月16日、私達が研究開発してきた肺がんコンパクトパネルの承認が厚生労働省から降りた。 会社名 : 株式会社DNAチップ研究所販売名 : 肺がん コンパクトパネルⓇ Dxマルチコンパニオン診断システム一般的名称 : 体細胞遺伝子変異解析プログ…

リキッドバイオプシーによる残存腫瘍病変の検出:臨床上のメリットの検証

血中腫瘍DNAを使って術後の腫瘍残存病変を検出できる。新しいDYNAMIC trialはステージII大腸癌に応用して、術後化学療法の実施数を減らすことが可能であることを示した。

ビジネス面からみた遺伝子検査パネル:高感度パネルが開発されない理由

現行の遺伝子検査パネルは製薬企業を顧客としたFDA承認獲得のためのシステムであり、医師や患者を向いたシステムではない。治験であつめた研究用試料での有用性は保証しているが、実地臨床での有用性は必ずしも目指していない。

投資ビジネスとしてのリキッドバイオプシー

リキッドバイオプシーは、現在腫瘍組織で行っている遺伝子検査を血液で行う新しい遺伝子検査のパラダイムで(リキッドバイオプシー 〜 がん患者にやさしい新しい検査法 - 精密医療電脳書)、現在がん研究の最先端分野の一つである。私達もリキッドバイオプシ…

肺がんコンパクトパネル 〜 発明者の意図

肺がんコンパクトパネルの細胞診検体応用が注目されているが、FFPE検体についても技術的な工夫が施されている。

肺癌の精密医療 2022:遺伝子情報による治療薬選択

2022年4月時点での非小細胞肺癌の精密医療、すなわち治療薬選択アルゴリズムを記した。

血中遊離DNAの断片長分布から乳癌術前化学療法の奏功性を予測する

血中腫瘍DNAの検出に腫瘍特異的遺伝子変異ではなく遊離DNA断片長に注目した診断法である。極めた単純で初歩的な技術を使っている点が興味深い。

肺がんコンパクトパネル 〜 プレプリント・アップロード

肺がんコンパクトパネルの論文をプレプリント・サーバー medRxiv へアップロードしました。

米国における肺癌遺伝子検査の現状

肺癌分子標的薬の種類は徐々に増加しており多遺伝子同時検査が必須になりつつある。ゲノム検査が進んでいる米国では、5つのバイオマーカー(EGFR, ALK, ROS1, BRAF, PDL-1)全部を検査した患者比率は46%、NGSテストは44%であった。

研究開発の現状:EGFRリキッド、肺がんコンパクトパネル

自身の研究開発の現状について説明した。EGFRリキッドは保険収載が完了、肺がんコンパクトパネルの開発も順調である。

マンマプリント MammaPrint 〜 超低リスク群 Ultralow risk group

マンマプリントは早期乳癌の悪性度を遺伝子発現プロファイルから予測する検査システムだが、遠隔転移を指標に超低リスク群が設定されている。独立したコホートで8年あるいは20年の長期予後を予測できることが検証された。

EGFR活性化に伴う構造変化 〜 L858RとT790Mについて

L858RはL858を含む疎水性アミノ酸クラスターの構造が不安定化することにより、非活性型の構造が不安定化する。L858R-T790Mの構造は野生型に近く、EGFR-TKIの結合能がATPと比べて低下するため耐性になる。

EGFR希少変異群:エクソン19欠失、L858R以外の変異

肺癌のEGFR変異には頻度の低い変異があるが、EGFR-TKIの世代によって治療効果が異なる。アファチニブは主要変異とほぼ同等の効果がある。