精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

肺がんコンパクトパネル論文集

肺がんコンパクトパネルの論文がDiagnostics誌に掲載された。本論文以外にこれまで発表された関連論文をまとめた。

EGFRのタンパク質構造の特徴:主要変異の活性化メカニズム

EGFRのタンパク質構造の特徴をまとめた。

将棋AIと人間の共存:棋士の進化と将棋界の変化

人間の棋士は将棋AIのエミュレーター(模倣装置)であり 、エミュレーションの性能によって勝負がきまることになる。

タンパク質構造にもとづくEGFR変異の新しい分類

EGFR変異は、細胞株の実験と構造モデル解析により、古典的変異、PACC変異、Ex20ins-L変異、T790M様変異の4つのサブグループに分けられる。各サブグループは、第一世代から第三世代までのEGFR-TKIやEx20ins活性化型のTKIに対する感受性や選択性が異なる。

新薬開発が危機に陥っている理由とその影響

製薬業界は新薬開発にかかる費用を回収できなくなっている。創薬が容易で対象患者が多い分野がすでに開発されてしまい、創薬が困難で対象患者が少ない分野が残ってしまったためだ。

量子ビットの確率振幅について理解する

量子ビットは、0と1の重ね合わせ状態を持つことができる情報の単位だ。この重ね合わせ状態は、確率振幅という数値で表される。確率振幅は複素数であり、大きさだけでなく位相という角度も持つ。確率振幅が量子コンピュータを理解する鍵だ。