精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

EGFRリキッド 〜 国産初のリキッドバイオプシー・システム

EGFRリキッドは、国産初のリキッドバイオプシー検査システムで、肺がん患者のための治療薬 EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)の適応患者決定に用いる。2020年7月31日に承認された。EGFRリキッド概要と詳細解説ページヘのリンクを掲載する。

量子ビット

量子コンピュータに関して、ようやく何が理解を妨げているのかわかった。現在の情報科学における情報の基本単位はビットだが、量子コンピュータの場合情報の基本単位は、量子ビットになる。量子ビットはビットと違って、ヒトの脳でイメージをつくるのが極め…

葉酸受容体FRαに対する分子標的薬:葉酸薬物複合体と抗体薬物複合体

葉酸はDNAの生合成に必須なビタミンであり、不足すると細胞増殖の盛んな組織に大きな影響を与える。FRαを標的にした抗体薬物複合体Mirvetuximab soravtansine/bevacizumabが進行性卵巣癌を対象にして開発中である。

研究開発の現状:EGFRリキッド、肺がんコンパクトパネル

自身の研究開発の現状について説明した。EGFRリキッドは保険収載が完了、肺がんコンパクトパネルの開発も順調である。

新型コロナウイルス 〜 遺伝子改変の痕跡

新型コロナウイルスは武漢研究所から流出したものだが、遺伝子改変の明確な痕跡が遺伝子配列に認められる。

ベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番作品131:西洋音楽史上最高の名曲

ある意味最も興味を持っている楽曲である。 基礎情報 弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131。1825−26年作曲。1828年初演。ヨーゼフ・フォン・シュトゥッターハイム男爵に献呈。7つの楽章からなり連続して演奏される。I. Adagio ma non troppo…