精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

肺がんコンパクトパネル 〜 プレプリント・アップロード

肺がんコンパクトパネルの論文をプレプリント・サーバー medRxiv へアップロードしました。

バンデン・ボッシュ博士の公開書簡2通目:オミクロン株流行で人類は真の集団免疫を獲得する

オミクロン株は新型コロナウイルスの弱毒化生ワクチンとみなすことができる。生ワクチンでは、ウイルス全体に対する免疫ができるため、新たな変異株に対しても効果がある。オミクロン株流行の結果、真の集団免疫が得られるであろう。

オミクロン株:人工ウイルスの可能性(続き)

3つの自然発生説と人工ウイルス説について説明した。齟齬なくオミクロン株の起源を説明できる仮説はない。

オミクロン株:人工ウイルスの可能性

オミクロン株のスパイクタンパク質には32個の変異が入っているが、アミノ酸配列を変えない変異(synonimous mutation)は1個だけである。自然発生とすれば頻度が低すぎるため人工的な遺伝子改変の可能性が高い。ただし変異配列設計方法は不明である。

スヴャトスラフ・リヒテル(1915−1997)

最近ショパンコンクールが行われ日本人が2名入賞した、ということで話題になったが、私は興味がなかった。私の家内は非常に興味を持っていて、コンクールのほぼすべての演奏をきいていた。彼女の話では、本コンクールから審査基準が大きく変更されたそうで…

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督「メッセージ(原題 Arrival)」:「未来の記憶」の物語

科学の本質についていろいろな議論があるが、予測 predicdtion こそが科学の本質である、という見解がある。予測能の検証試験は機械学習の分野で定式化されている:学習セットと呼ぶデータで予測システムを造り、それを検証セットと呼ぶデータで検証する。こ…