精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

2024-01-01から1年間の記事一覧

イザベル・ファウスト バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ・パルティータ全曲演奏

バッハの音楽の深層に触れる演奏会ではなく、ストラディバリウスの音を「浴びる」演奏会だった。

肺がんコンパクトパネルの中核となるアイデア

肺がんコンパクトパネルは2つ他のゲノム関連技術にはないアイデアに基づいている。一つは、異常検出を変異検出に使っている点、一つはパネルにおけるモデュール構造で、小型パネルの大きなデメリットを回避している。 異常検出による遺伝子変異分析 現在の…

株式市場に裏付けられた通貨:ストックダラーシステムに基づく予測

「ストックダラーシステム」とは、ペトロダラーシステムに代わりドルを支えているのは株式市場だ、という精密医療電脳書オリジナルの仮説である。

ドルは崩壊しない:株式市場に裏付けられた通貨

基軸通貨ドルの価値を維持するシステムが、米国の軍事力に基づくペトロダラーシステムから株式市場が維持するシステムに移行しつつある。その結果、社会における実権は政府からグローバル企業に移行するだろう。

新型コロナウイルスに関するメモ(5) ~ 厚生労働省による副反応検討、平均寿命の短縮

奈良先端科学技術大学院大学講義の準備のため若干調査したが、本稿はそのメモである。

メルク主催 テプミトコ®&マルチCDx Webセミナー 〜 短い院内TAT(turn around time)がもたらすベネフィット

コンパニオン診断のTATについて考える - 短い院内TATがもたらすベネフィット; 森川 慶 細胞診検体によるマルチCDxの実践 ~肺がんコンパクトパネル®におけるTAT短縮のベネフィット; 國政 啓 いかに迅速に遺伝子パネル検査の結果を患者さんへ届けるか

第119回肺癌学会関西支部会:堺市立総合医療センター病理診断科のコンパクトパネル使用実績など

2204年3月2日に第119回肺癌学会関西支部会が神戸商工会議所で開催された。

肺がんコンパクトパネル7遺伝子版保険収載と出検数予測

肺がんコンパクトパネルが2月28日に保険適用になり、検査サービスが開始されることになった。2024年度の出検数はおよそ10,000件と予測している。

肺がんコンパクトパネル論文集

細胞診検体を用いた肺がんコンパクトパネルの単施設比較研究が4報になった。聖マリアンナ医科大学(163症例)、姫路聖マリア病院(10症例)、東大阪医療センター(56症例)、大阪国際がんセンター(96症例)。

クァルテット・インテグラ演奏会:ベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番のヒント

クァルテット・インテグラの 演奏会で第14番が傑作と呼ばれる所以がようやくわかった。

肺がんコンパクトパネル3遺伝子追加承認

肺がんコンパクトパネルの残っていた3遺伝子(BRAF, KRAS, RET)が追加承認された。重要なポイントは、現行の検査レポートにこの3遺伝子の検査結果も記載されており、この検査結果を直ちに診療に使うことができる。

どの企業がグレイルを買収するだろうか?

イルミナ社は2021年にスピンオフベンチャーのグレイルを買収したが、最近売却を決定した。