精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

遺伝子解析技術

次世代シークエンサー:精密医療・ゲノム医療の必須技術

精密医療やゲノム医療では遺伝子検査パネルを使いますが、これは次世代シークエンサーを使う検査です。次世代シークエンサーはヒトゲノムの全遺伝情報を一度に決定できる強力な技術で、現在のバイオサイエンスにとって必須の技術です。

非重複統合リード塩基配列決定システム:non-overlapping integrated read sequencing system (NOIR-SS)

血中腫瘍DNAの塩基配列決定のために作った技術で、複数の遺伝子を同時解析可能である。特長:1)アダプタープライマーと一つの遺伝子特異的プライマーでPCR増幅する(anchored PCR);2)分子バーコード内のエラー処理。

分子バーコード技術:バーコードに入ったエラーの処理

分子バーコード技術は次世代シークエンサーのエラーを激減させる決定的な技術であるが、バーコード内にもエラーが入る、という原理的な問題を抱えている。解決法には限定数のバーコード・セットを作成する方法と3種類の塩基でバーコードを作る方法がある。

次世代シーケンサーの読み取り精度向上:DNA損傷対策、耐熱性DNAポリメラーぜ、分子バーコード技術

次世代シーケンサーの読み取り精度向上に関する3つのトピックス、DNA損傷:酸化(8-オキソグアニン)と脱アミノ化、耐熱性DNAポリメラーゼ、分子バーコード技術について解説した。

PCRに必要なアイテム 〜 耐熱性DNAポリメラーゼと遺伝子増幅装置

PCRで使う好熱性菌由来のDNA合成酵素について解説します。またPCRを行う装置(遺伝子増幅装置)についても解説します。

PCR検査

検査法や分析技術の評価のために、感度、特異度、陽性適中率、陰性適中率の4つの指標がある。がん検診のように陽性者が少ない集団では特異度が重要になる。新型コロナウイルスの場合PCR検査の目的は単一ではなく、経過に従い変化している。

研究の概要

2020年3月の寄附講座終了に伴い、研究内容に関する情報をこのブログへ移動します。主な研究テーマ;1.非侵襲性個別化医療、2.高精度塩基配列決定技術の開発、3.肺癌用高感度遺伝子検査パネルの開発。