精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

著者 加藤菊也。国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学客員教授、医学博士、元大阪府立成人病センター(現・大阪国際がんセンター)研究所長。遺伝子情報解析技術が得意分野。肺がんコンパニオン診断システム「肺がんコンパクトパネル」の発明者。現在の研究は変異蓄積速度の多様性について。

専門領域では、1)自身の研究成果「肺がんコンパクトパネル」と「EGFRリキッド」の補助情報の提供、2)精密医療の二次情報の提供、を行います。加えて、ウイルス等の他の関連分野の情報についても執筆します。

2020年のパンデミック以降、社会全体、特にマクロ経済を中心に観察してきましたが、大体文明の方向性が明らかになってきた、と思います。それは、ほとんど経済成長しないAIが維持する社会です。観察内容をカテゴリー「人類観察」に執筆します。

ブログ投稿数
206 記事