精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

2021-08-17から1日間の記事一覧

米国における肺癌遺伝子検査の現状

肺癌分子標的薬の種類は徐々に増加しており多遺伝子同時検査が必須になりつつある。ゲノム検査が進んでいる米国では、5つのバイオマーカー(EGFR, ALK, ROS1, BRAF, PDL-1)全部を検査した患者比率は46%、NGSテストは44%であった。