精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

一般向

がん薬物療法における精密医療の役割

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス領域「がん生物学シリーズ」講義補助資料。がん薬物療法における遺伝子情報の役割について説明します。固形がんでは、とくに肺がんと乳がんで遺伝子情報が治療方針決定に重要です。

次世代シークエンサー:精密医療・ゲノム医療の必須技術

精密医療やゲノム医療では遺伝子検査パネルを使いますが、これは次世代シークエンサーを使う検査です。次世代シークエンサーはヒトゲノムの全遺伝情報を一度に決定できる強力な技術で、現在のバイオサイエンスにとって必須の技術です。

新型コロナウイルス:ワクチンの種類、臨床試験と承認審査の現状

ワクチンには3種類のアプローチがある:ウイルスの接種;ウイルスの部品の接種;ウイルスの部品(スパイク蛋白)を人体の中でつくる。最終臨床試験と規制の現状についてもまとめた。

インフルエンザウイルス 〜 構造とワクチン、生活環と治療薬の関係

インフルエンザAウイルスのワクチンにはウイルス表面のスパイク蛋白質、すなわちヘマグルチニンとノイラミニダーゼ、のサブタイプが重要である。抗インフルエンザ薬はウイルス生活環の特定箇所を障害する。タミフルはノイラミニダーゼ阻害剤である。

EGFRリキッド 〜 国産初のリキッドバイオプシー・システム

EGFRリキッドは、国産初のリキッドバイオプシー検査システムで、肺がん患者のための治療薬 EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR-TKI)の適応患者決定に用いる。2020年7月31日に承認された。EGFRリキッド概要と詳細解説ページヘのリンクを掲載する。

PCRに必要なアイテム 〜 耐熱性DNAポリメラーゼと遺伝子増幅装置

PCRで使う好熱性菌由来のDNA合成酵素について解説します。またPCRを行う装置(遺伝子増幅装置)についても解説します。

リキッドバイオプシー 〜 がん患者にやさしい新しい検査法

リキッドバイオプシーは、がん組織の採取(生検:バイオプシー)なしに血液で遺伝子検査あるいは遺伝子情報解析を行う方法です。精密医療や早期診断への応用が期待されています。

精密医療 〜 遺伝子情報による治療法の選択

精密医療は遺伝子情報に基づいて治療法を選択するがん治療のことであり、肺がんと乳がんについては日常診療になっています。オバマ元米国大統領が2015年の一般教書演説で提唱した新しい医療コンセプトです。

研究の概要

2020年3月の寄附講座終了に伴い、研究内容に関する情報をこのブログへ移動します。主な研究テーマ;1.非侵襲性個別化医療、2.高精度塩基配列決定技術の開発、3.肺癌用高感度遺伝子検査パネルの開発。