精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 リキッドバイオプシー 肺がん 乳がん ウイルス

新型コロナウイルス後遺症:Post-COVID-19 conditionに関するWHOの定義

新型コロナウイルス感染症にはインフルエンザ等と異なり、厄介な長期の後遺症がある。2021年10月6日に漸くWHOがその疾患概念を示した。

COVID-19の重症度にかかわらず高率で発症し、個人にとっても社会にとっても損失が大きいため、感染症と同様、特別な医療上の対応が必要だろう。

WHOによるCOVID-19感染後症候群 post-COVID-19 condition の定義

COVID-19後症候群は、SARS-CoV-2感染歴のある人に、感染後3ヶ月以内に発症し、少なくとも2ヶ月以上異常が継続し、新型コロナウイルス感染以外に病因が説明できない病態である。一般的な症状は、疲労、呼吸切迫、認知機能障害だが、他にもいろいろな症状があり、通常日常生活に影響がある。COVID-19回復直後に発症するケースもあるが、COVID-19発症中から始まっているケースもある。症状は変動したり、回復しても再発することがある。小児については別個の定義が必要かもしれない。

 

その他の症状

腹痛、月経障害、嗅覚味覚障害、不安、視覚障害、胸痛、咳、抑うつ状態、めまい、発熱、消化器症状(下痢、便秘、胃酸逆流)、頭痛、記憶障害、関節痛、筋痛、筋痙攣、神経症、新規アレルギー症状、しびれ、慢性疲労症候群、睡眠障害、頻脈、耳鳴り、その他の聴覚障害

 

(原文)

Post COVID-19 condition occurs in individuals with a history of probable or confirmed SARS-CoV-2 infection, usually 3 months from the onset of COVID-19 with symptoms that last for at least 2 months and cannot be explained by an alternative diagnosis. Common symptoms include fatigue, shortness of breath, cognitive dysfunction but also others (see Table 3 and Annex 2) which generally have an impact on everyday functioning. Symptoms may be new onset, following initial recovery from an acute COVID- 19 episode, or persist from the initial illness. Symptoms may also fluctuate or relapse over time. A separate definition may be applicable for children.