精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

新型コロナウイルスに関するメモ(5) ~ 厚生労働省による副反応検討、平均寿命の短縮

奈良先端科学技術大学院大学講義の準備のため若干調査したが、本稿はそのメモである。

メルク主催 テプミトコ®&マルチCDx Webセミナー 〜 短い院内TAT(turn around time)がもたらすベネフィット

コンパニオン診断のTATについて考える - 短い院内TATがもたらすベネフィット; 森川 慶 細胞診検体によるマルチCDxの実践 ~肺がんコンパクトパネル®におけるTAT短縮のベネフィット; 國政 啓 いかに迅速に遺伝子パネル検査の結果を患者さんへ届けるか

第119回肺癌学会関西支部会:堺市立総合医療センター病理診断科のコンパクトパネル使用実績など

2204年3月2日に第119回肺癌学会関西支部会が神戸商工会議所で開催された。

肺がんコンパクトパネル7遺伝子版保険収載と出検数予測

肺がんコンパクトパネルが2月28日に保険適用になり、検査サービスが開始されることになった。2024年度の出検数はおよそ10,000件と予測している。

肺がんコンパクトパネル論文集

細胞診検体を用いた肺がんコンパクトパネルの単施設比較研究が4報になった。聖マリアンナ医科大学(163症例)、姫路聖マリア病院(10症例)、東大阪医療センター(56症例)、大阪国際がんセンター(96症例)。