精密医療電脳書

分子標的薬 コンパニオン診断 肺がん ウイルス 人類観察

第119回肺癌学会関西支部会:堺市立総合医療センター病理診断科のコンパクトパネル使用実績など

2204年3月2日に第119回肺癌学会関西支部会が神戸商工会議所で開催された。

肺がんコンパクトパネル7遺伝子版保険収載と出検数予測

肺がんコンパクトパネルが2月28日に保険適用になり、検査サービスが開始されることになった。2024年度の出検数はおよそ10,000件と予測している。

肺がんコンパクトパネル論文集

細胞診検体を用いた肺がんコンパクトパネルの単施設比較研究が4報になった。聖マリアンナ医科大学(163症例)、姫路聖マリア病院(10症例)、東大阪医療センター(56症例)、大阪国際がんセンター(96症例)。

クァルテット・インテグラ演奏会:ベートーヴェン弦楽四重奏曲第14番のヒント

クァルテット・インテグラの 演奏会で第14番が傑作と呼ばれる所以がようやくわかった。

肺がんコンパクトパネル3遺伝子追加承認

肺がんコンパクトパネルの残っていた3遺伝子(BRAF, KRAS, RET)が追加承認された。重要なポイントは、現行の検査レポートにこの3遺伝子の検査結果も記載されており、この検査結果を直ちに診療に使うことができる。